アトピーへの乳酸菌の効果とヤクルトについて

思い出幼児教育 > 乳酸菌 > アトピーへの乳酸菌の効果とヤクルトについて

アトピーへの乳酸菌の効果とヤクルトについて

乳酸菌を飲み続けていると、アトピーが悪化したように感じる場合があります。

 

これは改善していくための過程としての好転反応のケースがあります。

アトピーは体内に蓄積していた化学物質や薬剤などの排出作用であるという説があります。

 

ですから、悪化したように感じる場合に、それは乳酸菌の働きによって体内の毒素が排出されてやすくなっているのかもしれません。

 

一時的にひどい症状が出たけれども、それを過ぎると驚くほど皮膚がきれいになったという元アトピー患者の体験談は少なくありません。

 

これなども、体内の毒素が全て出し切ってしまったので、きれいな皮膚を取り戻せたということが考えられます。

 

それで毒素をすべて出し切るまで、悪化したように感じても続けてみるということが必要な場合があります。

 

それでも、数ヶ月や半年続けても悪化するばかりで、一向に良くなる見込みがないというケースについては、乳酸菌の種類が合っていないことや摂取量が足りていないということも考えられます。

 

さらに、悪いものを体外に排出したとしても、生活環境が依然として化学物質や薬品を体内に取り入れつづけるようなものであるなら、症状も一向に変わらないということがあるかもしれません。

 

乳酸菌を飲むだけでなく、生活環境も変えていくことによって、効果が表れ始めるかもしれません。

 

ヤクルトの乳酸菌製品というと、乳酸菌飲料「ヤクルト」「ジョア」などに含まれるシロタ株、「ミルミル」に入っているB.ブレーべ・ヤクルト株などがあります。

 

中でも、アトピーに対して改善効果があると言われるのは、KW乳酸菌を配合した「ノアレ」というサプリメントです。

KW乳酸菌は、もともとキリンと小岩井乳業が共同研究によってみつけた乳酸菌ですが、「ノアレ」についてはヤクルトが販売しています。

 

このKW乳酸菌ですが、免疫バランスを整えることでアトピーなどのアレルギー症状を抑える効果があると言われています。

 

少し詳しく説明するなら、免疫システムの重要部分であるヘルパーT細胞というものがあり、このヘルパーT細胞のうちTh1とTh2のバランスの乱れがアレルギー症状を引き起こすと考えられています。

 

ヤクルト「ノアレ」に配合されるKW乳酸菌は、マウスの実験等によって、このTh1とTh2のバランス改善に効果があるとの報告がなされています。

 

アトピー症状の改善だけでなく、予防も期待できる乳酸菌なのです。

 

最近になってアトピーに悩んできた方に話題になっているもうひとつの乳酸菌が「L-92乳酸菌」です。

 

こちらは「カルピス」社が保有する独自の乳酸菌で、「アレルケア」というサプリメントが販売されています。ヨーグルトにオリゴ糖をかけると効果アップ