乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられているDHAのこと

思い出幼児教育 > 育児 > 乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられているDHAのこと

乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられているDHAのこと

野菜ジュースでたっぷり摂れるビタミンは、ほかの栄養の作用を下支えする、身体の生理作用がスムーズにいくようサポートするなどの役目があります。無数の細胞にエネルギーを与え、病気への抵抗力を高めるのにかなり重要なのです。きゅうりやジャガイモなどの野菜やオレンジやイチゴなどの果物を通して摂取できるビタミンは白血球の作用を向上させる効力のあることが証明されています。

 

 

 

海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。

なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。これは乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられている成分です。

 

海藻に類い稀な成分がふくまれるのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。

 

海藻を使ったヘルシーメニューを毎日摂取して、海のパワーで元気に過ごしましょう。子どもが水分を欲しがるようなときは、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。不必要なものが混入してないので、細胞に吸収されるのが早いのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸は懸命に働き始めます。

 

食欲が強くなっていき、冷水のクールな感覚でスキッと眠たさもなくなるでしょう。心身ともに大きく育っていく子はしっかりと栄養の摂れる食物を美味しく食べられることが重要です。といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、基本的に満たされるべき人体の滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。

これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、自らが食せる量の範囲を実感できるようにさせているようですが、とても感心しました。幼い時期は生活習慣をしっかりさせましょう。床に就くのが夜遅くになれば、朝に起きる時間も遅くなるので、生活のリズムもずれていきます。

 

そうして自律神経の調節も乱れて、大きくなるに従って、心と体の不具合が生じることもあります。幼い子の寝る時間として推奨されるのは、午後20時~午前6時ごろまでの10時間の睡眠です。

こうした生活のリズムが3歳ごろまでに出来上がると理想ですね。子供の発育を支える柱が食物です。

 

 

食物の健康効果というのは、薬を超えたものになることがあります。

 

 

 

小児が毎日食べているものは発育に少なからぬ影響を与えます。

周りの成人、中でも親としては、その重要性を自覚しておくことが大事です。

 

食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な効果を発揮しますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。

多くの野菜にはたくさんのミネラルが含有されます。

 

ミネラルというのは体の構成元素であるとともに、食べ物を消化吸収したり、老廃物を排出したり、エネルギーを作り出すことなど体の働きをバランスよく保つ働きを担います。

 

 

そして野菜には便秘を防ぎ、腸内の状態をクリーンにしてくれる食物繊維も十分に含有されています。これらは体では作り出せませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。

最近の若者は背がスラッと高くて手足もギュンと長くなっており、古い時代の人より恰好が良いです。

 

こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに好みが変化してきたことがあります。

 

しかし、糖尿病やガンなど昔の日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのです。

より気にかかるのは子どもたちのメタボや生活習慣病も数が上昇していっている点です。子供には無添加の青汁を探すべし



関連記事

  1. 乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられているDHAのこと
  2. コドモの脳の発達は幼稚園の年少ぐらいで成人の脳の約85%