青汁は子供の栄養摂取のための縁の下の力持ちかも

思い出幼児教育 > 育児 > 青汁は子供の栄養摂取のための縁の下の力持ちかも

青汁は子供の栄養摂取のための縁の下の力持ちかも

青汁でたっぷり摂れるビタミンは、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、身体の生命活動のバランスを取るなどの効果があります。子供用の青汁の効果とは?

体内の細胞のひとつひとつに力を付与し、健康の鹿目でる免疫力を高めるため、いつも摂取する必要のある栄養です。レタスやトマトなどの野菜とかオレンジやイチゴなどの果物にも含まれるビタミンについては免疫力を高めるための白血球の力を高めます。

どんどん成長していく子どもはしっかりと栄養の摂れる食物をふさわしい時間帯によく噛んで食べることが大事です。ですが、必要量以上にバク食いすると、根本的にカラダに備わっているべき栄養分の適正レベルが狂うことがあります。

 

 

 

某保育園では子供が自身で食べられるだけのご飯をつがせ、自分が食べられる量について感覚としてつかむよう教えていますが、家庭でもまねできるかもしれません。海藻は野菜と同じぐらいにミネラルやビタミンなど身体に欠かせない成分をめっちゃ多くもっています。また白血球の働きを強め、癌・糖尿病などの病気の予防に役立つ成分があり、免疫力を向上させるのにかなりおすすめの食品です。

 

 

海藻に含有される食物繊維は水に溶けやすい性質があります。

 

腸内の乳酸菌などを増殖させて、大腸の働きを活発にして、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。年中イライラしていたり、たいしたことないのに激怒する子らが増えつつあるみたいです。

もちろん現代社会特有のストレスもあると思いますが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。糖分の摂取が多すぎると低血糖症の症状が現れます。

 

 

砂糖などは血糖値を急上昇させますが、その上昇を抑え込むため膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖の状態を引き起こします。

 

子供の脳の発達については幼稚園の年少ぐらいで成人の脳の約85%にも発達していきます。

 

 

 

以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知力を意識的に鍛えることでステージが上がっていきます。

 

食物に含まれるカルシウムやビタミンB1は脳がしっかり働くために重要な栄養です。

 

 

そして忘れてはならない青魚に多く含まれるDHAは脳神経の連携を活発にする効果で知られています。子どもが便通のリズムを身に着けさせ、その大切さを認識させるために必要なのが、子供とのコミュニケーションです。朝の食事をちゃんと食べて、便意が生じたら我慢せずに排便する、このリズムを体得させましょう。

また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。理想的な便というのは、においもほとんどなくて、バナナに似たかたちでまずはプカプカ浮くものの、少しずつ下のほうへ落ちていく感じのイメージです。

今時は便秘になる子が結構増えています。

 

スッキリしていない子どもたちほど、疲れていることが多かったり、集中力の欠如など生活の支障が観察されます。便秘がわかったら早めに解消してあげましょう。

 

 

小児タイプの浣腸薬や下剤も存在しますが、それらは最後の解決策と考えて多用は避けましょう。

出来る限り本来の排便力を回復できるよう食べ物や生活習慣などの面で助けてあげることにしましょう。お子さんの身体を育てるのが食べ物です。食べ物が身体に与えるインパクトは、場合によっては医薬品以上です。小児が毎日食べているものは成長や発達のカギといえるほど関係します。

 

周囲にいる親を含めた大人たちがその事の重大さを認識しておかなくてはなりません。

 

 

 

食べ物が病気知らずの身体づくりにも大きく役立ちますし、脳がしっかりと発達するのにも重要です。

 



関連記事

  1. 青汁は子供の栄養摂取のための縁の下の力持ちかも
  2. 乳幼児の脳の発達にプラスになると考えられているDHAのこと
  3. コドモの脳の発達は幼稚園の年少ぐらいで成人の脳の約85%